教科ごとの深い知識

塾塾講師として教科ごとの深い知識はあった方が良いです 中学や高校で学習することの内容を頭の中に入れておくのは必須ですが、 それ以上に深い知識を入れておくことで授業中何らかの時に起こりうる事態に対応できるようになります。 生徒同士で解決することができたり、学校の先生に聞けば理解できるようなものでは塾講師としての必要性はありません。 受験では、学校で教える教科内容よりも深い知識をもって生徒の前に立つようにしましょう。

担当教科についての知識は深めた方がいいですが、それ以外の教科でもある程度の深さを持っていれば、 塾の方からのピンチヒッターとして信頼される講師になります。 どのような教科でも十分担当できるということであれば、それだけ講師としての幅も広がっていきます。 自分が持つ担当教科に特化して専念していくことは当たり前ですが、 余裕があれば多少他の教科の知識も頭に入れておくようにしましょう。

時代の流れと共に、学習内容に関しても複雑化してくることもありますので、 講師として何が必要なのかそして今以上の深い知識とはどのようなものが必要なのかを年代ごとや時代ごとに把握していく必要があります。 対応が柔軟な講師ほど生徒からも信頼されますし頼りにされます。